終活
老後のお金
医療保険
介護
健康管理
生きがい
遺言と相続

◆ TOPに戻る
◇ 代表プロフィール
◆ 事務所案内/免責事項等
◇ 料金
◆ お問い合わせ

 
◆ 生活習慣病を予防しよう!

超高齢社会の最大の敵ともいえる生活習慣病。日本人の死亡原因の上位を占めるのは、がん、心疾患、脳血管疾患などの生活習慣病です。医療費に占める生活習慣病の割合も大きく、生活習慣病の予防は我が国の大きな課題の1つといえるでしょう。

成人病から生活習慣病へ

不規則で偏った食生活や運動不足、喫煙、お酒の飲み過ぎや過度のストレスなど、われわれ現代人の生活習慣を鑑みると、あまり褒められたものではありません。

こうした生活習慣の積み重ねが、様々な生活習慣病を招くことになります。以前は、加齢によるものと考えられていたことから「成人病」と呼ばれていましたが、今は、生活習慣によって引き起こされるということから「生活習慣病」と呼ばれています。生活習慣病の予防には、生活習慣の見直しが欠かせません。

生活習慣病を予防するには

自分の健康状態を知り、生活習慣の改善を図るには、定期的な健康診断が重要です。平成20年から開始された「特定健康診査・特定保健指導」は、メタボリックシンドロームに着目して、生活習慣病のリスクを早期に発見するためのものです。

メタボリックシンドロームは、動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化性疾患の危険性を高めます。厚生労働省では、メタボリックシンドロームの予防・改善のため、「1に運動、2に食事、しっかり禁煙、最後にクスリ」を提唱しています。

また、協会けんぽでは、さらば!生活習慣病として、生活習慣改善10ヵ条を掲げています。

今日からすべてを実行することは難しいでしょうが、生活習慣病の予防のため、自らの健康に関心を持ち、できることから取組んでみてはいかがでしょうか。

 

Copyright c2015 ライフアンドワークス All rights reserved.