終活
老後のお金
医療保険
介護
健康管理
生きがい
遺言と相続

◆ TOPに戻る
◇ 代表プロフィール
◆ 事務所案内/免責事項等
◇ 料金
◆ お問い合わせ

 
◆ ご存じですか?健康経営

従業員の健康が貴重な経営資源であるという認識が広がりつつあります。

通常、会社には年に一度の定期健康診断とストレスチェックが義務付けられておりますが、それだけにとどまらず、積極的に従業員の健康管理に取り組み、従業員の心身の健康を守り、働きやすい職場環境を作ろうとする動きが活発化しています。

健康経営とは

健康経営とは、「企業が従業員の健康に配慮することによって、経営面においても 大きな成果が期待できる」との基盤に立って、健康管理を経営的視点から考え、 戦略的に実践することを意味しています(NPO法人健康経営研究会)。

健康経営に対する社会的な関心も高まっており、健康増進に積極的に取り組む企業を社会的に評価する仕組みや法制度も整備されてきています。

例えば、経済産業省では、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる企業を「健康経営銘柄」として選定し、公表することで、企業の健康経営の取組が株式市場等において、適切に評価される仕組みづくりに取り組んでいます。

また、協会けんぽ東京支部では、働く人とその家族の健康を守るため、事業主と連携した「健康企業宣言」に取組んでいます。これは、事業主に「企業全体で健康づくりに取組む」ことを宣言してもらい、その取り組みのサポートを協会けんぽ東京支部が行うものです。


(協会けんぽHPより)

 

様々な分野で、健康に対する関心が高まっています。

自身のため、家族のため、日ごろからしっかりと健康管理に取り組みたいものです。

 

Copyright c2015 ライフアンドワークス All rights reserved.