助成金を活用して介護現場の労働環境改善を!

bizocean(ビズオーシャン)「コラムの王様」にて、「助成金を活用して介護現場の労働環境改善を!」が公開されました。

介護業界は、常に人手不足で悩んでいます。コロナ過で有効求人倍率は低下を続け、6月には全体で1.11倍となりましたが、職業別にみてみると、「介護サービスの職業」は4.04倍。依然、高い水準にあるといえます。

人手不足を解消するには、採用の強化と人材の定着が重要です。身体的負担の大きい労働環境を改善し、介護人材を確保していかなければなりません。そこで活用したいのが人材確保等支援助成金の「介護福祉機器助成コース」。

続きは、「助成金を活用して介護現場の労働環境改善を!」へ。

タイトルとURLをコピーしました