代表プロフィール

角村(かくむら)俊一

FP&社労士事務所ライフアンドワークス 代表

明治大学法学部を卒業後、社会福祉法人での障がい者福祉の仕事を経て、杉並区役所に入庁。地方公務員として8年間の勤務後、独立開業しました。

「誰もが安心して暮らせる超高齢社会の実現に貢献すること」を経営理念とし、幅広い資格を生かして、介護事業所の支援や終活に関する事業を行っています。

これまでに取得した資格は、社会保険労務士、行政書士、1級FP技能士、CFP、証券外務員2種、介護職員初任者研修(ヘルパー2級)、介護予防指導士、福祉用具専門相談員、健康管理士、終活カウンセラー、海洋散骨アドバイザーなど。

生涯学習がモットーです。様々な資格にチャレンジするとともに、令和4年4月、武蔵野大学人間科学部人間科学科(仏教学専攻)に入学し、仏教について学んでいます。

どうぞよろしくお願いいたします。

取得資格など

社会保険労務士/ファイナンシャル・プランナー(CFP)/1級FP技能士/介護予防指導士/福祉住環境コーディネーター2級/介護労務コンサルタント/福祉用具専門相談員/介護報酬請求事務技能検定/介護職員初任者研修(ヘルパー2級)/認知症サポーター/認知症ライフパートナー3級/ワークスタイルコーディネーター/海洋散骨アドバイザー/終活カウンセラー/介護福祉経営士2級/健康管理士/ 健康管理能力検定1級/行政書士/金融知力インストラクター/特定社会保険労務士/ 住宅ローンアドバイザー/証券外務員2種/ファイナンシャル・アドバイザー(FA)/ 年金アドバイザー3級/サプリメントマイスター/健康食品コーディネーター/仏教検定3級/宣伝会議「編集・ライター養成講座」修了/終活カウンセラー協会「エンディングノート書き方セミナー講師養成講座」修了/全日本墓園協会「墓地管理講習会」修了/中央仏教学院「入門課程eラーニング【仏教・真宗】」修了

地域介護経営「介護ビジョン」2019年2月号 取材協力

特集「改正労基法の施行が間近 介護現場の“働き方改革”にどう取り組むか?」において、5ページにわたる取材を受けました。人手不足が続く介護業界において、「働き方改革」は急務。職員の採用と定着には、働きやすい職場環境の実現が求められます。

超高齢社会において、介護事業所は必要不可欠な社会インフラとなりました。介護サービスの充実は、誰もが安心した老後を迎えるための絶対条件です。充実したサービスの提供には、働く環境の見直しをしなければなりません。

微力ながら、働きやすい職場環境の実現に向け、できる限りのサポートをしたいと考えています。

「エンディング産業展」にて終活相談員などを担当

2017年8月に開催されたエンディング展2017」において、「一般来場者向け終活相談コーナー」の終活相談員を担当しました。

また、「エンディングノートを書いてみようワークショップ」のアシスタントを担当し、エンディングノートを書くにあたってのアドバイスを個別にさせていただきました。

人生100年時代です。長寿社会において充実した人生を送るには、あなたらしい「終活」に取り組むことが重要です。吉田兼好は「若きにもよらず、強きにもよらず、思い懸けぬは死期なり。今日まで遁れ来にけるは、ありがたき不思議なり」といっています。人生の最期を考えることで、「今」を充実させることができます。

「終活」に取り組むのに、年齢は関係ありません。ぜひ、あなたらしい「終活」に取り組んでみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました