終活

介護

どこまで知ってる?介護サービス

団塊の世代が75歳以上となる2025年。 自分自身が75歳にならなくても、近親者に75歳以上の方がいるという状況も珍しくはなくなるでしょう。 75歳以上になると要介護等の認定を受ける方の割合が大きく上昇します。 いつ誰が...
介護

超高齢化と介護予防

超高齢社会が到来し、誰にとっても介護が身近なものとなりました。 高齢者の増加とともに介護予防への関心も高まっています。 高齢者の増加と介護予防 総務省によると、65歳以上の高齢者人口は3588万人、総人口に占める割合は2...
終活

「おひとり様」の老後設計

人生100年といわれるほどの長寿社会を迎えました。 未婚のため配偶者がいなかったり、結婚していても配偶者に先立たれるなど、老後を一人で過ごすことへの不安を感じている方も多いのではないでしょうか? バツイチの私も「おひとり様」で...
働き方

定年再雇用時の収入はどうなる?

わが国では、一般に定年は60歳となっています。 これは、定年年齢を定める場合には60歳未満とすることができないと法律で定められているからです。 また、定年後に関しても決まりがあります。 公的年金の支給開始年齢が65歳に引...
終活

退職金と老後設計

年度末を迎えています。 3月いっぱいで退職される方もいらっしゃると思いますが、実質的には昨日が最終出勤日だったのではないでしょうか。 さて、日本の場合、退職すると退職金が支給されることが多いです。 しかも、退職金は税金が...
介護

高齢期の住まいを考えよう

長寿高齢社会を迎えました。 核家族化の進行もあり、高齢者夫婦だけの世帯や一人暮らしの高齢者が増加しています。 健康に対する不安や介護の必要性などから、高齢期における住まいをどうするのかは切実な問題です。 イザというときに...
終活

多死社会を迎えて~老いじたくを考える

高齢者人口が増加する中、老いじたくや終活への関心が高まっています。 老いじたくは、将来家族を困らせないための準備であると共に、これまでの生涯を振り返り充実したラストステージを演出するものといえます。 今回は、老いじたくについて...
終活

どうする?定年後

定年後の3Kと呼ばれている、「金」「健康」「孤独」。 定年間近や、定年を迎えてからどうにかしようと思っても、なかなか難しい問題だといえます。 人生100年時代。 生涯現役社会。 定年後に対する関心が高まっています。...
タイトルとURLをコピーしました