就業規則の作り方 賃金規程の定め方

賃金は、労働の対価として労働者に支払われるものです。よって、賃金が労働者の手に確実に渡るよう、労働基準法では賃金支払いの5原則を定めています。

また、賃金の計算や支払の方法などは就業規則への記載が必要です。もちろん、賃金に関する事項について、就業規則とは別に賃金規程として定めても構いません。

全文はこちら