働くパパママ育休取得応援奨励金

少子化が止まりません。

厚生労働省「令和3年(2021)人口動態統計月報年計(概数)の概況」によると、2021年に生まれた子供の数は81万1604人となり、6年連続で過去最少を更新しました。

こうした中、少子化対策の一環として、子育てしやすい環境整備に向けて改正された育児・介護休業法が今年4月から施行されています。10月には産後パパ育休(出生時育児休業)制度が始まり、また育児休業の分割取得が可能となります。

全文はこちら