就業規則の作り方 時間外労働と休日労働

日本の法定労働時間は1日8時間、1週40時間。原則として、会社は法定労働時間を超えて労働者を働かせることはできません。また、休日は1週間に1回与えなければならないと決められています。

ただし、労使協定を締結して労働基準監督署へ届け出て、就業規則に時間外労働や休日労働を命じる規定を設けることで、時間外労働や休日労働を労働者に命じることができます。とはいえ、今般の働き方改革により、長時間労働を是正する動きが強まっています。

時間外労働と休日労働に関するルールを確認し、できる限り時間外労働等を減らしていきたいものです。今回は、時間外労働と休日労働について解説します。

続きはこちら