副業・兼業促進に対する企業の対応は?

働き方改革のフェーズが変わりました。

長時間労働の削減に主眼を置いたフェーズⅠから能力を最大に発揮できる働き方を追求するフェーズⅡへと舞台が移る中、副業・兼業の促進が注目されています。

副業・兼業の原則禁止から促進へという動きは、社会の仕組みを一変させる可能性を持つものです。企業も無関心でいられません。

続きはこちら